いざ、中国の朝ごはん!

(記念に貰ってきた新聞、読もう読もうと思って電話会議のタイトルしか読めてない)

ニーハオ、ニホンコンです。

早朝チャイナ、続編です。

全編読んでない方はこちらをどぞ。

目的の朝ごはんへ

そうそう、私が食べたかったのはコレ。

豆乳、揚げパン、以上!

そうなんです、これが中国の定番の朝ごはん。

(張り紙だらけ、しかも微妙に値上げしてる感じが)

ニコリともしないおばちゃん。

そうそう、これこれ、この無愛想な感じも懐かしくて「くぅぅ~」と
なるのです。ワタシ、変?

二段目は張り紙で隠されてるものの、「豆乳M」うっすら見えてるからね!

思わず聞きましたよ。

「Mサイズは無いんですか?」

「ナイ!」

はい、終了~。ナイって。

私朝からジャンボサイズの豆乳を飲まなきゃならないんだって。

しかし、ここ難関。

じゃんじゃん飛んでくる質問。

しかも早口の中国語。

「熱いの?冷たいの?」

「砂糖いんの?いらないの?」

「ストロー必要?不要?」

その度に理想の豆乳像を想像しながら・・って理想の豆乳ってなんだろ
とか思いながらイエスノーを繰り返していく。

豆乳Lサイズ(砂糖入り)と揚げパン。なかなかの量。

ちなみに揚げパンは切れてますが、この3~4倍くらいの長さ。

さて、実食。

豆乳投入~!って、オバハンギャグなのでスルーしてください。

ってか、「熱ッ!!!」あっつーー!!

嘘みたいな熱さ!コントみたいな熱さ。

そりゃそうだ。アツアツの豆乳をストローで飲むなんて!

というか、配慮しておくれよ。

熱いからストローなしネ。フウフウして飲んでネ、って。

でも、お味は間違いない。

ザ・豆腐絞りました、何なら今絞りました、みたいなやさしい味。

砂糖入りにしたので、ほんのり甘くておいしい。

ああよかった、怒涛の質問の中で理想の豆乳を描けていたんだわ私。

揚げパンもガブリ。これもまだほのかに温かくて美味しいこと。

中華朝ごはん、大大満足。

他のフードコートは

せっかくなので、食べながらウロウロすることに。(小さい子はマネしないで)

早朝ゆえ、フードコートは空いておらず。

台湾料理、上海料理、いろんな地方の料理が楽しめるという。

そうそう、こういうのを待ってました!ゼーリ♡

ここ四川料理のコーナー。写真の色からしていかにも辛そうな。

あ。珍しく日本語を見つけました。注意書きみたい。

近寄ってみると・・

ナニナニ?よく見みよう。

ヨーグルトかグレープフルーツをおススメしてるところが新鮮!

唐辛子減らしてくれないのかな?どっちだろう?誰か居たら聞いてみたかったな。

いろいろと面白い。

お店オープンしてなくても楽しめるって、すごい場所です。

場所といえば

「深夜特急」の著者、沢木耕太郎氏が言ってました。

「旅には二種類の場所があって、一つは自分から面白いことを探しに行く所、
もう一つは向こうから面白いものが転がってくる所」と。

中国は間違いなく後者。「そこにいるだけでネタに尽きないところ」。

だから今でも大好きです。

ってかココ、中国じゃなくて、池袋だから(笑)。

10月20日 ニホンコン