#19 伸びしろカレー屋

こんにちわー。ムトーです。大分も肌寒い日が増えてきました。本格的な秋ですね。わーい。せつねー。昔から切なくて好き。秋。

さて、今回は竹田市に、この10月にできたばかりのお店を紹介します。

About 竹田市

滝廉太郎の「荒城の月」という名曲があります。滝廉太郎が曲のモデルにしたという岡城趾があるのが竹田市です。兵庫の竹田城と間違われがち。

竹田市ホームページ→ https://www.city.taketa.oita.jp

竹田と書いて「たけた」と読みます。「たけだ」じゃなく。人口は約2万人。熊本県の阿蘇と隣接している内陸の街です。大分空港からは車で2時間弱。熊本空港からだと1時間30分かからないくらいの位置です。
炭酸泉で有名な「長湯温泉」や久住高原があるのも竹田市。トマトの産地。
ここ数年、県内外から「竹田市は元気」「勢いがある」と評価されています。

竹田は人口2万人くらいの街なんだけど、街中で若者を沢山見かけるんです。
ほんと、ここ数年のこと。

生まれたてのお店

オーナーの小出知佳さん(左)と、この日、たまたま お手伝い 川本祥子さん(右)

今回ご紹介するのはカレー屋さんです。つい最近オープンしたばかり。

おちゃのま たびあ」という不思議な店名。

この「たぴあ」という響き。竹田市やその近隣の大人たちにとっては、ちょっと懐かしい、ノスタルジックな感情を呼び起こされる言葉なんです。

竹田市にその昔、大型のスーパーがあって、その名前が「タピア」でした。1990年代までその名前だったみたいです。(いまもその建物はスーパーとして残っています。)

デパートが無いこの地域のデパート的な存在で、小さな屋上遊園地があって、僕も子どもの頃、連れてってもらうのを楽しみにしているような場所でした。タピア。

僕は親が結構厳しくて、漫画もゲームも与えてもらえなかったんです。みんなファミコン持ってる時代。ある日、祖父がタピアの屋上に連れてってくれて。多分、お小遣いをくれたんですね。屋上遊園地に、100円で20分間ファミコンができるコーナーがあって。100円をスタッフのおじさんに渡したら、遊べるファミコンソフトのリストを見せてくれて。僕は普段できない分、してみたいゲームは沢山あるから悩んでたんです。マリオか、ツインビーか、魔界村か、みたいに。
そのファミコンコーナーはとても人気があったので、順番待ちがいたんですね。だから早く決めて欲しかったんでしょう、スタッフのおじさんが僕にソフトを提案してきたんです。

「『うるぼしやつら』がいいよ。これ人気あるよ。面白いよ。うるぼしやつら。」

って。僕はテレビもそんなに見せてもらえてなかったけれど、それが当時テレビでやっていたアニメ「うる星(せい)やつら」のゲームだということはわかって。小学生ながら、いろいろ空気を読んで、「じゃあ、うるぼしやつらで。」って、やりたくもないゲームを20分間したのを覚えています。

だからどうしたんだっけ。ああ、どうもしないのか。

と、いう、思い出のタピア。その記憶の映像はセピア。あ、韻ふんじゃった。
そのタピアだった場所のすぐ近くに「おちゃのま たぴあ」という名前のお店を出したのは、そのスーパーを「タピア」と名付けた人の孫である小出知佳(こいで・ちか)さん。

カレーは4種類

営業は基本的に週末中心。金曜日と土曜日はランチタイムの他に夜もやっていて、夜の時間帯はおつまみも出てくる。基本はカレー屋さん。カレーは取材時は4種類の中から選べるシステム。お店の名前を冠した「タピアカレー」は小出さんが作るオリジナルカレー。その他3種類のカレーは小出さんの仲間のお店自慢のカレーを小出さんが再現、じゃなくて、そのまま、それぞれのお店から提供してもらっているんです。なので、この地域の美味しいカレーを食べたければ、ここに来ればいい、という驚異のシステム。(3つのお店はなぜ提供してんの?小出さんに弱み握られてんの?)

たぶん、相当な弱みを握られているであろう3つのお店というのは、このムトーツアーズで以前紹介したOsteria e Bar RecaD(オステリア・エ ・バール・リカド)さん、カフェ パラムさん、それと豊後大野市の ゲストハウス LAMP豊後大野さん。

「タピアカレー」のライス・キャベツ ハーフ&ハーフ

僕がオーダーしたのはこれ。↓

「グリーンカレー」 ライスの代わりに全部キャベツ

グリーンカレー。糖質が気になる人はライスの代わりにキャベツを選べるというので、僕はそれ。

辛くてうまい。これはご飯が欲しいよう(糖質制限、、)。

全種類食べてみたい(4種盛りやってくれないかな)。

オーナーの小出さんにお話をきいてみました。

どういうお店ですか?

「ゆるく、楽しく。私も、お客さんも。お茶の間みたいな、そういうお店です。」

お店をオープンしたきっかけはなんですか?

「今年の1月、ホルモン屋さんで仲間と話してて。『女子でお店したい』と言ったら、その場にいた飲食店やってる みんなが『カレー提供するよ』と言ってくれて。」

そのノリというか、勢いで、仲間たちと空き店舗を改修してオープンに至る、と。

「私たちの暮らすこの地域に、みんなが集える場所が欲しかったんです。子育てしているママたちも気軽に来れるお店にできたらいいな、と。あの時ホルモン屋さんで言ったことがまさか本当になるなんて。」

小出さん自身も3人のお子さんのママなのです。

やってて楽しいことは?

「あの、まだ、3日目なので、、、。」

あ、そうか。。

「慣れなくて、バタバタで。楽しいとか言っている余裕はないんですけど。みんな心配して来てくれるんです。ちゃんとやってるかな、って。それが嬉しいです。今日も、らっきょう持ってきてくれたり。」

おつまみの 厚揚げ

お客さんたちが、自分の娘を見守るかのような優しい眼差しで厨房の小出さんたちを見つめてますよね。ダメ出しとかも結構みんな 言いますね。

「はい。みなさん厳しく優しく、ありがたいです。色々と慣れていなくて。今日の昼は初めて1人で回せたんです。でも、夜のおつまみはなかなか大変で。やっぱ缶詰にしようかな。缶詰バーみたいな。失敗しなくていいし、はやいし。」

え?? 

漫画みたいな お茶目なことが 目の前で起こります
レジのどこに笑うポイントがあるのかわからないけれど、ここでも笑っている人たち

今日、一緒に働いている川本さんはスタッフさんですか?

「いえ、私はただ、忙しそうなのでお手伝いしに来ました。」 と川本さん。

え、、。お手伝い。。いろいろな人に愛され、支えられている感じ。

みんなの笑顔が絶えない。不思議なお店。

カレーといえば、の、この器。お店にいくつか飾られているけど、この器に盛られるカレーはないみたいです。「希望があれば、これに。」とのこと。

わお!ムトーツアーズ協力店

「私もなんか、ジャンケンとかしてお客さんにプレゼントしなくていいですか?」

お!いいんですか?何を提供してくださいます??

「うーん。ムトーツアーズのシールが貼ってある席に座ったお客さん限定で。
ジャンケンに3連勝したら。カフェ パラムさんにある サウナに入れる、ってことにしましょう。」

え、、ひとの店、、。

「大丈夫。パラムさんなら。笑って許してくれるんで。」

と、、いうことで、ジャンケン3連勝でパラムさんのサウナに入れます。。
とりあえず、今年いっぱい、ということにしましょう。

このコーンを使ったポップコーンは店主激推し

最後に、目標を教えてください。

「とりあえず、3ヶ月持てば。。笑」

いや、何年もやってください。

普段このムトーツアーズでは、僕が好きなお店や、以前から気になっていた場所を紹介するようにしているんですが、今回はオープンしたてのお店。

美味しいカレーが食べられて、ずっとなんだか楽しい気持ちでいられる。そんなお店でした。小出さん、お手伝いに来ていた川本さん、ありがとうございましたー。

レジの電源が入っていないことに気づかず、お釣りがなかなか出せなかった人たち。(わろとる)

妄想旅行社ムトーツアーズ 代表 ムトー