いち にー さん しー

いらっしゃい!喫茶竹林 店主の千田です。
こちらでは、お茶の時間にあいそうな、音楽を紹介していきますよ。

さて今回はこちら。

由紀さおり&Pink Martini- マシュ・ケ・ナダ

エンドオブサマーにぴったりな(個人の感想です。)由紀さおり。
おっしゃれー と、ついつい言っちゃう、そんな1曲です。

マシュケナダはセルジオメンデスとブラジル66によるヒット曲。
Black Eyed Peasのバージョンもすごく人気な1曲です。

原曲もBlack Eyed Peasのバージョンも、
なんか、こう、夏!ビーチ!サンバ!みたいなブラジル感、といいますか、
盛り上がる感じがありますが、
由紀さおりの手にかかるとこうなります。お・と・な。

さて、タイトルの「いち にー さん しー」ですが、、、
間奏で入ってくる、歌詞なのですが、、、これ、、原曲にないんですよ。
なぜ、入れたのか?しかも日本語で。。いや、まぁ  そこが魅力なのですが。
そもそも、この曲を日本語にするあたりが、いいですね。
昭和の洋楽カバーは日本語にしてカバーするものが多いですが、
これは、2011年発売。とても趣があっていいですね。

Pink Martini&Saori Yukiのアルバムは、名盤なのでぜひ聴いてみてくださいね。
お・と・な な感じですよー。(頭の中では清水ミチコさんによる桃井かおりのモノマネが再生されています。)

それではまた次回!チュース!