かぞく新聞かいてます

ニーハオ、ニホンコンです。

毎年お手元に届く方はご存じかもしれませんが、我が家、
新聞を書いています。

今日はそんな「わが家しんぶん」バナシ。

我が家は、数年前から、年賀状を出す代わりに年イチで
かぞく新聞を発行しております。今年でもう何年目?

ガサガサとオリジナルの原本を出してきてみたところ、
2014年からこれまで6枚発行していました。

(左上が初回。回を重ねるごとに趣も変わっていってる)

確か2年目に「続けて出しても何だしね・・」なんて言って
普通の年賀状に戻したものの、「いや、どこかで私らの新聞を
待ってる人がいる!」と、山口百恵ソングみたいな気合で再開。

どんな気合だよ?!

さて、新聞づくりバナシ

製作スケジュールはと言うと、今はもう通年。
年がら年じゅう考えているという。

何か家の中でムーブメントが起こると「これ来年の新聞に
書こうよ!」が合言葉。

でも、本格的に始めるのはだいたい10月くらいから。

はじめは編集会議。トピックは「今年何のエピソードいれようか」。

これをみんなでああだこうだと話しながら、トップネタ、
ややネタ、小ネタの順で色々決めていく。

(これは途中経過、これを壁に貼っておく)

これを四六時中眺めながら、ああでもないこうでもないと
また話し合いすること数か月。

絵とか文字とか描く人

元々絵をかくのは嫌いじゃない筈の私でしたが、
我が家にノッポさんという名のオットさんがいるので
レイアウトやらイラストやら全て任せている。

ちなみに、とても器用。子供たちの「〇〇作って~」
にサクサク答えてくれる。

(「ペンギンたいそう」を踊るためのお面作り)
(すんごい昔に作った運動会メダル)
(外国語の新聞の字体ってなんかカワイイのです)

子どもたちも「スペースをくれ、タイトルを書かせてくれ」と
立候補してくるので、だんだん子供スペースも増えてきた現在。

毎年恒例の風景

10月から初めてかなり早め早めに作業しているのにも
関わらず、毎年ジングルベルが聞こえてくる。なぜ?!

「新聞どげんかせんといけん会議」が開かれ、
最後になってくると夜な夜な作業になる。

我が家にとって、新聞づくりは、「年末の大掃除より
大事なしごと」なのです。

そうか!だから家があんましキレイじゃないのか!と毎回納得。

新聞は続けて出しますヨ

それでも新聞を書くのは楽しいし、読み返してもいい思い出と
なっている。

面白いのは、同じく新聞を書き始めるお宅があったり、
感想のお電話をくれたりと、反響がちゃんとあるところ。

今もちょうど「次のしんぶんは絶対これ書こうよ!」と
いう話で盛り上がっていたので、師走でも何でもないのですが
こんな我が家恒例行事を書いてみました。

(去年オットさんが書いて皆で大爆笑。後ろの英語もラグビー用語です)

8月4日 ニホンコン