なつなんです。

いらっしゃい!喫茶竹林 店主の千田です。
こちらでは、お茶の時間にあいそうな、音楽を紹介していきますよ。

本日は、もう、説明はいらないかもしれない、はっぴいえんどの曲を紹介。

夏なんです / はっぴいえんど

いやーー、いつ聴いても、いい空気に連れていかれますね。
この曲を聴くと、夏もわるくないなぁと思うんです。(ぼくは秋が好きです。)

はっぴいえんどは1969年に活動を始めたバンドで、
細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂によって結成されました。

その後、日本の音楽に多大な影響を与えるバンドです。
細かい説明は、インターネットに山ほどあるので省くとして、
まぁ、すんげーバンドなんです。

日本語でロックをやる!というコンセプトのもと活動していたバンドですが、
言葉以上に、日本の空気を感じる音ですね。

この曲を聴いてると、もう、縁側でビールとか飲みたいもん。
蝉の音聴きながら。でも、日本の田舎じゃないんだよなぁ。
日本の都会なんだよなぁ。

まったく色あせない音楽。

いや、、、、、、、、、ちょっと待って、、、50年前???
まじですか、、、、50年前????

半世紀。。。あ、、、なんか落ち込んできた。。。

それではまた次回!チュース!