わが家のキャンプ事情

こんにちは、佐藤です。

気が付けばあと数週間で夏休み。
子の夏休みは予定より1週間ほど短くなってしまいましたが、今年はほとんどないだろうと覚悟していたので、逆に3週間もあると!となると拍子抜け。
地域のサマーキャンプも、サッカーの合宿も中止。
お盆の帰省も危ういこの夏、一体どう過ごそうか悩もうにも悩みようがありません。

夏といえばアウトドア!
数年前から流行りのキャンプ、わが家もそれなりにハマりました。
防災グッズにもなるし~と言い訳しながら、ひとつひとつ揃えていったキャンプ道具あれこれ。
一時は何を見ても「これ、キャンプに使えそう!」「これ、キャンプでも着れそうじゃない?」ってな感じ。キャンプ基準でモノ選びをしていた記憶です。
とはいえ、すごく拘りがあるわけでもなく、高価なアウトドアブランドに憧れることもない。機能と手軽さとそこそこのデザインであれば十分。100均も全然アリ!
気が付けばひととおり道具は揃ったものの、ただでさえ決して広くはないわが家。収納場所のやりくりが…「キャンプ用品さえ無ければ」の言葉をグッと飲み込む日々です。

気温が下がる秋本番は暖房完備のコテージ泊
へなちょこキャンパーです

そもそも車を所有しないわが家。この時点でまずキャンプに向いておらず…
日程が決まり、キャンプ場の予約ができたら(これがまず難関!)忘れてはならないのはレンタカーの予約。車がとれなければ行けないわが家のキャンプ。これは夫の係です。
キャンプ前日、当日いかに楽をするかに命を懸ける私がピリピリしながら準備するのが風物詩。母さん夜なべして早起きの朝を迎えます。

テントも寝袋もお下がりです

当日の朝、父さんがレンタカーをピックアップしてきたら、荷積みスタート!
一家総出で荷物を車に載せるのですが、なんせわが家はエレベーターなしの5階…笑。
これまたわが家がキャンプ向きでない大きな要素!この時点で汗だく。
早朝に家族でっせと車に荷物を運ぶ姿は、もう夜逃げにしか見えないでしょう。
すでにキャンプが終わったかのような疲労度からの幕開けです。

キャンプは公に火遊びができる貴重な機会

とはいえ、いざキャンプ場についてしまえばこっちのもん!楽しむしかない!

器用で働き者の夫は、息子とあっという間にテントを建て、火をおこし~
そうの間に私は荷物を整理し、お茶でも飲みながら夕飯の支度を~

都会での生活をしばし忘れ、自然の中で思いっきりリラックスするのですよ!!

焼きマシュマロは食後のおたのしみ

帰り道に大渋滞に巻き込まれ、ぐったり。そんな中、また5階へ地獄の荷運びが待っているのを知らずに…もとい、知っていながら!の現実逃避…

それがわが家のキャンプ!

今や小さかった息子も重い荷物もヒョイっと運ぶたくましい存在に成長したものの、そろそろ家族でキャンプなんて行きたくねーぜ!なお年頃でしょうね。
しかもキャンプが始まるまでのあれやこれやがこんなだとなおさら!

キャンプ道具がお蔵入りする日も近いのかもしれない中、今年は果たしてキャンプに行けるのか?!

キャンプに想いをはせてみたものの、そんなこんなで肝心のキャンプ内容はなんもなし…
これが我が家のキャンプ事情?!
お粗末さまでした~