#6 どこ行ってもなんかある

こんにちわー。ムトーです。

前回は別府市の旅館 山田別荘さんをご紹介しました。
泊まりたいなあ。早く。

さて、、今回はどこにも取材に行けていないので、大分県のことを少しお話しします。
(ほぼ私見と、どこかで聞いたことの受け売りになります。)

一村一品運動

よく大分にやってくる東京在住の友人が、大分旅行中に僕に、

「大分はどこ行ってもなんかあるよね。」

と僕に言ったんです。

それを聞いて僕は「?え?そなの??? どこもこんな感じじゃないの??」という反応をしました。

でも、すぐに「そういえばそうかも」と気づいたんです。

僕自身、日本中を沢山旅してきたわけでもないから、他の都道府県と比較をできないんですが、確かに大分県は どこに行っても何かある。それは確か。

その時、何でだろう、と思いほんの少し調べました。ほんの少し。

「本当に回転したのかね?」と身元確認をしたくなるくらい、大分は回転寿司もとても美味しい。

大分県は旧国名を当てはめると、「豊前(ぶぜん)」の一部と、「豊後(ぶんご)」で成っています。

江戸時代の豊後国には7つの「藩」がありました。そして幕府の直轄地「天領」がひとつ。それと、豊前国の中津藩を加えると、現在の大分県の中に江戸時代は8つの藩と1つの天領があったのです。

この細かく藩を分けていることを「小藩分立(しょうはんぶんりつ)」と言うそうです。

これにより他の藩に負けたくない、という精神みたいなものが培われた、とも言われています。他の藩より沢山米を作ろう、とか、いいもの作ろう、とかって考えたのかな。(想像)

そして、1980年。当時の大分県知事はこの小藩分立の精神の名残を生かした、「一村一品運動」を提唱しました。

当時、大分県には58の市町村がありました。その58の市町村の全ての「売り」となる名物を作ろう、というのが一村一品運動。

地域にそれまでもあったものを磨きあげたり、全く新しく作り上げたり。
「この町といえばこれ」を作っていったのです。

きっと、それ。

大分県の隅々まで、何か見所や特産品がある。

なので、隅々まで楽しんでください、大分。

ちょっとずつ、各地の魅力紹介していきますんで。

次回はどこか取材行こう。

国宝臼杵石仏(臼杵市)

妄想旅行社ムトーツアーズ 代表 ムトー