ジャムおばさん

こんにちは、佐藤です。上の写真は佐藤錦です!

もう7月なんて!?今年も半分終わっちゃったなんてー!!

のんべんだらりと過ごしていた春が嘘のよう。

急にに毎日がぐるぐるとと動き出したと思ったら、あっという間に息切れなのはマスクのせい??

文旦のマーマレード

そんな遠い昔のように思えるこの春は、ひたすらジャムを煮ていた記憶。

1000本ノックの如く来る日も来る日もジャム煮。

ヨガのシャバーサナは苦手だけれど、ジャムを煮ているときは「無」になれるから不思議。

ぐつぐつと煮える鍋の中を観察している自分を俯瞰して観察しているような。

じっとしていられない性分の私には、忙しく手を動かしている方が安心するのかもしれません。

国産の無農薬レモンや、お手頃の小粒のいちごを見つけては買わずには居られず。

文旦をせっせと剥いては食べ、皮が溜まったらせっせと刻み~

すぐに底をつくグラニュー糖の消費量を考えると恐ろしくなりながら、気付いたら冷蔵庫の大半がジャムの瓶に占拠されておりました。

ジャム作りなんて大変でしょ?とよく言われますが、ジャムほど手軽に作れる甘いものはないのでは?と思います。

フルーツにもよりますが、思ったより手間も時間もかからないのですよ!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 10.jpg
ルバーブとフランボワーズ

短時間で一気に仕上げることで、そのフレッシュさや香りもギュッと詰め込むことができます。

季節感が味わえるのもいい。保存がきくのもいい。

こんなデザートも!

パンに塗ったり、ヨーグルトにかけたりはもちろん、炭酸水で割ったり、ハムやチーズと合わせたり…

売っているジャムとの違いは(お値段も含め)明らか!

ジャムこそぜひ家庭で手作りしてほしい!といつも思っています。

さて、大量に作りすぎてしまったジャムたち。

毎日、朝ごはんで何かと消費するとはいえ、さすがに減らず…

ということで、仕事のネタに使わせてもらいました。

素朴な生地にジャムを挟んで粉糖で飾ったシンプルの英国菓子「ヴィクトリアケーキ」

生徒のみなさんによろこんでもらい日の目を浴びたジャムたちも、心なしかうれしそう!

1か月でキレイさっぱりぴったり無くなったのがなんとも気持ちいい!

ということで、とりあえず空き瓶の置き場に困っております…笑