密なる心。

密です。
先週ドーナツのことを書いてから、あっという間に1週間がたちましたが、
ほんとは今週とても書きたいことがあったんです。
あったんですが、密だったこの1週間。
年に何度か訪れる息つく間のない日々。
数週間前から気になっていた場所に行く時間を、何度予定表に入れてもこじ開けることができませんでした。
蜜、でした。あ、そちらの蜜ではなく、現実はハニーのように甘くない。密でした。

緊急事態宣言が解除されてから、ありがたいことに撮影のお仕事がバタバタバタッと入ったり、「なにかを始めるのにいい日」だそうな6月20日に
弊社and recipeのお店をオープンしたことで、
マラソンのような1週間を過ごしておりました。

宣言します。ここからは完全に宣伝です。恐縮です。

料理家山田英季とはじめたand recipeをスタートして5年。やっとこさECショップができました。

「レシピがついてくるお店  and recipe market」といいます。

写真集を買っても、レシピがついてくる。
そそぎ口のついたガラスのボウルを買っても、レシピがついてくる。
その商品にちなんだオリジナルのレシピが、おまけについてくるお店でございます。ご利用くださった、たくさんの皆様。ありがとうございます。

and recipe marketの売れ筋商品が、計量スプーンなんです。小さじ1/8まで測れる6本セット。

ひとつまみってどのくらいの量やねん、と思ったことないですか。わたしはずっと疑問でした。だって、人の手の大きさってそれぞれじゃないですか。
でもレシピ本には「ひとつまみ」って書いてある。これ、正確に測れたらいいのにな。

突然ですが、わたしの血液型は、「O型でしょ。」よく一発で当てられます。几帳面ではないし、どちらかというとおおらか。(正しくは大雑把ともいう。ええ、大雑把ですよ)ひとつまみってどのくらいの量?なんて、気にしない性格なんじゃない?Oらか型だから。そうなんです、「大体で。目分量ってステキ」と長年思ってきましたが、お仕事の半分くらいが食に関わることになってくると、そうはいかないマインドになるもんなんですね。40を超えても、人間成長するもんや。えぇ、こっちゃ。

この計量スプーン、正確に「塩ひとつまみ」が測れちゃうスグレモノなんです。
塩ひとつまみ=小さじ1/4、塩少々=小さじ1/8。

丸、四角、持ち手が長いの、短いの。数ある計量スプーンを使って砂糖やら、醤油やら、オリーブオイルを測ってきましたが、このスプーンが一番使いやすかった。四角くて薄いから、小さな口の瓶にもスッと入る。ノンストレス計量スプーンなんです。だから、ショップを始める時に、最初に売りたいと思った商品なんです。

ありがたいことに、売れまして。追加で投入したらすぐなくなってしまうという嬉しい悲鳴だったのですが。皆様にいち早くお届けするために、大切な大切な梱包発送作業が、商品を販売した後には待っているんですね。お店をオープンしたあとは、ひたすら梱包、発送作業。ありがたい気持ちで、ずっとクルクルスプーンを包んでおりました。

今週のわたしは、スプーンおばさんです。全然スプーンに乗れるサイズに縮む気配はない。しばらく炭水化物厳禁。

梱包に梱包を重ねた1週間の合間に、週末の撮影の準備。
日本全国のちょっと変わった食材を調達しなければいけない撮影でして。
滋賀県のアンテナショップ、三重県のアンテナショップを閉店間際に巡りました。アンテナショップって楽しいよね。どうせなら、もっと時間に余裕を持ってイートインとかして帰りたかった。
そんな時間は到底持てない1週間だったのですが、最後の食材調達に秋葉原へ行ってきました。

日本全国の名産品を扱っている「日本百貨店食品館」に行けば静岡おでんに使う黒はんぺんが手に入るらしい。黒はんぺん、なかなか売ってなくて唯一秋葉原で買えるという情報を得ました。全国の食材にも強いアキバ。

久しぶりに訪れたアキバは、やはり人が少なく。いつも聞こえていた多国籍な言語あまり聞こえない。街はなんだか静かでした。

人通りは少なくても、アキバならではの景色は健在。

デパートの物産展や駅なかに突如やってくる全国名産品展を見かけると、必ず寄ってしまうのですが、そんなわたしに「日本百貨店しょくひんかん」は夢のような場所でした。
熊本のソフトスパゲッティに会津のソフトクリーミイヨーグルト。「イ」の発音を強調した商品に、今日のわたしは惹かれるらしい。

レジ前、最後に惹かれた「イ」は長崎の「カステラアイス」でした。普通。「アイス」の「イ」って普通。

長崎のカステラアイス。「食べ頃があるんです。カステラがふんわりするまで、アイスがお好みの柔らかさになるまでお待ちください。」

暑いし、小腹もすいたし、炭水化物なるべく禁止したいけど目の前のアイスが呼んでるし。ここで、小腹を満たさないと夜まで何も食べられない。アイス、食べよう。外にベンチがあったよ。

黒はんぺんを探しにきて、アイスカステラの誘惑に勝てず。食べ頃の「カステラふんわり」を待つ時間もなく、パッケージを開けてそのままパクリ。創業83年の味はう〜んとうなる甘さでした。歩きつかれた体に、糖分が染み渡ってる。

カステラにはミルク。蒜山のヨーグルトが大好きなんですが、カフェオレも美味でした。

急な買い出しにつきあってくれたこどものリクエストで、そのままビックカメラに移動。プラモを熱心に選ぶ息子の邪魔をしてはいけないので、店内を一人で回遊。

店内をとぼとぼ歩きながら、撮影した写真のデータをスクロールしてはたと気づいたんです。

アキバに来てから、「密」な写真ばかり撮っている…。

心の中も密ならば、カメラの中も密だった。

心理って、日常にこんなにも影響されるんですね。

あかん。来週は、もう少し心に余裕を持って過ごしたいなぁ。