縦走グルメ ごちそうさま

本州をひとつの山脈に見立てて山口・秋吉台をスタートして、68日でゴールとなる青森・八甲田山にたどり着くことができました。いえい!

移動距離は2900km弱、獲得標高92,000mくらいでした。

これだけ動いて実感したことは、人間というのは実に燃費の悪いものだということいです。そんなに食べるのかというほど、思った以上にいっぱい食べます。

道中でつくっていただいたきりたんぽ。おかわりしちゃいました。

というよりも、いっぱい食べないと動けなくなります。毎日、成人男性の2〜3倍くらいは食べていました。縦走グルメとして紹介してきたのはその一部です。

自分が口にしたものによってしか、体はつくられません。もちろん、走り続けることもできません。食べるということは、生きること、走ることに直結していると改めて感じる日々だったとも言えます。

途中で補給スポットを設けていただいたり、差し入れがあったり。充実の食生活!

経験則にすぎませんが、弱気になっているときは、たいてい何かを食べると気持ちが上向きます。なので、疲れを感じたり、ネガティブな考えが浮かんできたりした時は、きまって手元にある行動食を口に放り込むようにしていました。

山で食べればカップラーメンもごちそおうです。

よくない考えは空腹によって運ばれてきます。疲弊した時、悩んでいる時ほど、しっかり食べて寝ることが、一番の解決法に思えます。

そして、その効果をさらに増してくれるのが、誰かと一緒に食べることです。食事を誰かと共有すると、美味しかったものはさらに美味しく。マズかったものも少し美味しく感じられます。

絶景が最高のスパイス。

走るために食べなくてはいけない。そんな義務的な側面もなかったわけではありません。だからこそ、食べることを楽しみたくて縦走グルメとして、ゆるっとお伝えしてきました。

(途中からは書いている余裕があまりなく、山口先輩の代筆に頼りきりでした。ありがたや)

まだまだ書きたいことは山のようにありますが、今回はここまで。長くて濃密な夏の旅はひとまず終わりです。応援ありがとうございました。おつかれ山でした!

わかおかの山日記

わかおかの山日記

(隔週水曜日更新)
山を走ったり、歩いたりするのが好きです。よく忘れ物をします。そんな日々を記すライターでランナーです。

HPはこちら