雨なので

何もできてません、ニホンコンです。そんな一週間の振り返り。

湿気具合は、くせ毛の丸まり方で分かります。あ、今日はぐるぐるだから湿度高いな、と。
あまりに家でこもりっきりの日々だったので、どんくらいジメジメしてたかを一挙公開。

①果たして家でどう過ごしてるか

人数は多ければ多いほどよい、UNO

学校がまさかの休校!子どもたちにとっては降ってわいたような休み。一緒に喜んだ中学生
は、10時半すぎに入った続報で「5時間目から登校」。

たくさんお菓子買いこんで、おやつパーティーしようと張り切っていたのに、
残念ながらひとり欠けました。

ヒマなのでエルサルバドルの場所を探す小学生。

今どきの学校給食では、各国料理が出るなどワールドワイド。ビビンパはもちろん、親でも
本物を口にしたことがないような、エジプトのコシャリ、ギリシャのムサカ、そして今学期
最後はエルサルバドル料理なんだとか・・
時代は21世紀・令和です。

隅っこで小さい机でギュウギュウしながら絵を描く人、ウクレレを弾く人、いろいろです。
でも、そのうち歌になびいて、全員で歌合戦になるのがいつものパターン。

マイクは取り合いの末、バラバラに。セロテープで補正

あまりに全員歌うので、私まで口ずさめるようになっているのがBTSのButter。
さすが、日本人でも成しえなかったビルボードNO.1アーティスト。8歳から
オジサンまでのハート、わしづかみです。

ちなみにマイクは本物だけで繋がってません、気分だけ。でもなぜかこれ持つと全員
(というか私)「こんばんわータモリです」ってやる。ミュージックステーションの
イメージが強すぎるんだわきっと。

②週末は

休みの日だってのに平日より早い時間に起きてバスケの試合の付き添い。
チームのデータ取りしてました。いつもはなかなか得点に結びつかないチーム。
が、この日はラスト3秒でドラマが。

2号が出したロングパス→チームメイトがキャッチ→シュート→入る→終了のブザー
という、マンガみたいな展開。大差で負けたくせに、一番はしゃいでた。

ブザービーターという言葉はホントに存在するんだと知った一日。そして、スポーツにおける
一瞬のきらめきは、オトナになっても色褪せることなく胸の奥でキラキラしている筈。
いつか彼女がこれを思い出して美味しいお酒でも飲んでくれいと願っている。

ちなみに母の小学生時代、地域のポートボール(バスケのゴールの変わりにヒト)
をやっていて、地域の大会の決勝戦、残りわずかで逆転されて準優勝。

「1番じゃないと意味がない」と強烈に感じた最初の体験、またこうして思い出すだけでも
残ってる涙がこみ上げてきそう。

③これ勘弁してくれ

母、タクシードライバーです。完全に。

小学校は1.6キロ、中学校は2キロ越えという、この学区の片隅でいう映画があったら
主人公ものの子どもたち。あまりにザアザアだったので朝送っていき、夕方は学童、そして
習い事のお迎えに行ったついでに駅に着いたであろうオットさんを迎えに行く。
それで終わらず1号を塾に送って行って、また夜に迎えに行く。

そのうち白い手袋買おうかな・・。その前に料金メーター付けたい。

④ちいさきもののエネルギーをめいっぱいに

小学生と一緒に下校したら、子ども気分を味わえた。

防災訓練で小学校にちいこいズを迎えに行き、大冒険並みの遠回りをして1時間かけて帰宅。

オヤツは何だ?何して遊ぶ?ひまー!プリント見てくれ、音読聞いてくれ、靴下穴あいた、
おなかすいた、体温計一瞬で測れるやつ買ってよ!誰々が髪の毛引っ張った!ごほん読んで
寝よう、週末の試合だけどさー、英語のスピーチの練習聞いてくれ、今日塾の模試!など
四方八方からいろんなジャンルのいろんなものが飛んでくる。

それをいちいち返したり返さなかったり返したフリしながら、ずううっと雨が降る中、
過ごしておりました。

という一週間。

7月6日 ニホンコン



ニホンコン

ニホンコン

(毎週火曜日更新)
北京と香港に住んでました。今は湘南に住みながら中国語や異文化の先生をしています。ちなみに3人娘のおかあさん。