#26 冬のパンまつり

こんにちわー。ムトーです。めちゃ寒くなってきましたね。年末だ。

さて、今回は大分県の南西部、豊後大野市(ぶんごおおのし)にあるパン屋さんの紹介です。

about 豊後大野市

面積大きい

豊後大野市 ホームページ → https://www.bungo-ohno.jp/

豊後大野と書いて「ぶんごおおの」と読みます。内陸のまちです。
大分空港からは車で約1時間半くらいの距離にあります。
2005年に7つの町と村が合併してできた市なので面積が広い。
ユネスコエコパーク、ジオパークに認定されている自然豊かなところです。

豊後大野市を代表する観光スポットのひとつ、原尻の滝(はらじりのたき)。

滝の上に道路があるのわかります?絶景の上を普通に車や農作業用トラクターが走ります。

豊後大野市緒方町の平野の中にある滝。横幅120メートル、落差20メートル。一年中、多くの観光客が訪れます。

ほら、滝の上に道路があります。その道路を画面右から左の方に車を走らせて、10分くらいかな、今日ご紹介するパン屋さん「キッチンうすだ」があるのです。

キッチンうすだは23年くらい前にオープンして、僕も25歳からだから、17年くらい通っています。17年前はお店までの道路が舗装されていなかったんです。凸凹道。「いや、こんな所に店はないだろう」と引き返したりして、僕は3回辿り着けず、4回目のチャレンジでやっとお店を見つけることができました。

キッチンうすだ。手前の道路が未舗装の頃から、県外からパンを求めてお客さんが来ていました。

写真の白い建物がカフェスペース「山カフェ」。奥にパン屋さん。

最初にパン屋さんとしてオープンして、その後にカフェを建て増ししたんですね。手作りの建物なのですが、これが絶妙。かわいいけど、かわい過ぎない。

どの世代の人が居ても自然なお店です。

壁好きのムトーが認めた壁

僕は建物の壁が好きなのですが、壁好きの僕が「いいな」ずっと思っている壁。真っ白ではない、黄色くもない。絶妙。

オーナー、臼田朗(うすだ・あきら)さんにお話を聞いています。

オーナー 臼田朗さん

キッチンうすだ は、パン職人の夫・臼田朗さんが焼くパンと、パティシエールの妻・成美さんのつくるケーキや焼き菓子でいいにおい。

臼田夫妻は、東京からこの地に移住してきました。それがお店をオープンした23年前よりもっと前。

オーナーにお話を聞いています、と言いましたが、そういえば雑談をしただけで、インタビューらしいことを聞いていませんでした。

焼きそばパーティーやりましょう、とか、そんな話ばかり。

困った。。。と、、いうことで、インタビューしたことにしますね。これまで17年の付き合いから僕が臼田氏の回答を創作してみます。これはもう仕方ないよ。誰も悪くない(100パー僕が悪いけど)。創作が人を幸せにできるなら、たとえ事実とは異なってもそれが正義になることだってあり得る(ないか)。

とりあえず、インタビューに答えてるっぽい写真使って乗り切ろう。

かたいパン

ずっとパン以外の話だったと思いますが、パンのことを話していると思って見てください。

ムトー:臼田さん、こんにちわ。

ウスダ:こんにちわー。

ムトー:お名前の確認ですが、臼田朗さん、うす・たろう さんでよろしかったですか。

ウスダ:切るとこ間違ってる。さっき「ウスダさん」って呼んだよね。

ムトー:早速本題ですが、臼田さんところのパンって柔らかいですか?ふわふわですか?やっぱりパンって、ふわふわなのが幸せですよね。わー、食べるの楽しみ。

ウスダ:あ、、いや、、固いかな。。。

ムトー:えっ、、。あはは。またまた冗談をw。 wって人生で初めて使っちゃいました。

そういえば、さっき、奥さんから石のオブジェみたいなのいただきました。ほら、これ。

ウスダ:あ、、それ、、、うちのパン。

ムトー:えっ、、、これ、、、、、。あははは、、、、。

石のオブジェではないみたい。

ムトー:えっと、気を取り直して。。あの、石、あ、いや、パンへのこだわりを教えてください。

ウスダ:天然酵母と、地元産の材料にこだわってるんです。手間暇がかかる分、小麦の香りと深い味わいが出てきます。

ムトー:なるほど。

ウスダ:ムトー君、食べてみます??

ムトー:いえ、糖質制限してるので、パンはちょっと。大丈夫です。

ウスダ:(絶対に糖質制限やってねーな、こいつ。焼きそば 食べてたし。。)

インタビュー前にテーブルの上にこっそり、やわらかい食パンを置いてみた。
バレてない。
あ、やべ。バレた、、。
僕に気づかれないように、こっそり成分表を見る臼田氏。柔らかさのヒントを得たかもしれない。

ムトー:キッチンうすだのパンはハード系のパンですね。僕はソフト系。できればそのソフト感がダブルになってるといいな、とか思うタイプです。

ウスダ:うちになぜ来る。。。

長居してしまう

妄想インタビューここらへんでやめていい??

パンやケーキはもちろん一番の魅力ですが、キッチンうすだのカフェ『山カフェ』がとても魅力的なんです。

ムトーツアーズのお客様からよく、「山カフェ行ってみたい」というリクエストをいただきます。

むかし、ランチタイムに山カフェにお邪魔するツアーをご用意したんですね。ランチのあとにも、沢山の場所をご案内する旅程でした。

でも、その日のツアー参加者の皆さんは、ランチのあとのコーヒーを飲みながら、カフェの外の景色を眺める。またコーヒーを飲む。外に目をやる。

結局、日が暮れるまでその場を離れなかったんです。

そのあとの旅程、すべてキャンセル。

もう、それくらい、ずっといたいんです。特に都会のひとは、もう、離れられなくなる。

その出来事以降、弊社ムトーツアーズは、山カフェを旅程に入れる場合は、最後に入れることにしています(本当)。

晴れの日はこのデッキが特等席。

カフェで出てくる料理も、この地域で取れる野菜、山菜をふんだんに使ったもの。僕は、春のタケノコグラタンが好き。

臼田夫妻は、この地域の移住者の開拓者。多くの移住してくる若者たちの憧れの存在なのです。

移住者ではない僕にとっては、釣りをする固いパンを焼くのがうまい人と、その固いパンを焼く夫を優しく見守る、タケノコグラタンを焼くのがじょうずな人。

来春発売決定(ウソ)

おとなりの竹田市でも「かどぱん」という人気のパン屋さんを展開していたり、豪華列車「ななつ星」の食事にパンが採用されたり、というかっこいい一面もありますが、そこにはあまり触れないことにしよう。

臼田さん、超忙しそうな日に長々とお邪魔しました。ありがとうございました。

※事務連絡:臼田さん、色々と写真をください。料理とか。

妄想旅行社ムトーツアーズ 代表 ムトー

おしらせ

SAKRA.JPは7人が日替わりで書いてます。他の曜日もみてみてね。