#22 ムトーの図書館(2冊目)

こんにちわー。ムトーです。

前回は秋の切なさで、お休みしました。

友人に「秋、せつねー」と毎日の様にメールすると、「そこまで?切ないと思わない自分が逆に心配になるわ。」と迷惑がられる始末。

まだ、この切なさは続きそう。切なさを消せやしない。

切ないから、本を読む。

切ない本を読むと、さらに切ない(読むな)。

と、いうことで、短期間でリピート読みした本を今回は紹介します。

あ、本の紹介じゃなかった。本が似合う場所を紹介するんだった。

えっと、、、似合うかな、、、。 

はい。大分市の大分スポーツ公園の中にある、「昭和電工ドーム」です。昭和電工ドームは、開閉式ドームの陸上競技場で、サッカーJ1 大分トリニータのホームスタジアムでもある施設です。

2002年の日韓共同開催のサッカーワールドカップの会場にもなりました。

何もイベントのない日、なにもやってない時間帯は周辺に出入り自由で、このスタジアムの周囲を走ったり、歩いたりしている人がたくさんいます。

スポーツ公園の広大な敷地は「高尾山公園」というこれまた大きな公園と隣接していて、運動する人たちにとって、とても良さそう(良さそう、、)。

今回は夕暮れの昭和電工ドームを見ながら、小一時間、読書しました。

スポーツの秋をする人たちが集う場所で、読書の秋をひとり堪能したのです。

昔、友人からいただいた小さな素敵な本棚。こんな使い方をすることになるとは。

今回ここで読んだのは、貫井徳郎の「慟哭」です。

最近まで全く知らなかった本

ちょっとズーム。本が夕日に照らされてせつねー。

僕は学生の頃、本屋さんでバイトをしていて、小説家の名前やタイトルは結構覚えているんですけど、作者の貫井徳郎さんも、この「慟哭」という作品も、昨年知って。

1993年10月に発刊された、貫井さんのデビュー作。

ジャンルで言うと推理小説。

奇数の章と、偶数の章で主人公というか視点が違って、それぞれの話を交互に読み進めていくスタイルです。

奇数の章は、娘を殺された男性が、心の穴を埋めるために新興宗教に入会して、娘を蘇らせようとする。

偶数の章は、幼児誘拐事件を追う刑事の話。

これ、あまり詳しく書くと、読むときに面白くなくなるので、書けないのですが、一度読んだあと、またすぐに読んでみたくなるのです。

慟哭とは、声を上げて泣くこと。

タイトルに「超悲しい」って書いてあるのと同じなのに、なぜこのセンチメンタルな時期に読んでしまったのだろう。。

口内炎できてるのに、「激辛カレー」って書いてあるカレー屋さんに入るようなもんだな。うーん、そう?違う??

この小説、本当におすすめなので、みなさんそれぞれ好きな場所で読んでください。

さて、次回こそ、どこかを紹介しよう。

妄想旅行社 ムトーツアーズ 代表 ムトー